あなたがいる、その場所に。“222”紫外線技術

紫外線のチカラを、暮らしのなかへ。

光のソリューションカンパニー ウシオのCare222®は、
特殊なエキシマランプと光学フィルターを使い、
人体に有害な紫外線をカット。
波長222nmに絞って、人体に影響のない紫外線だけを照射できる
これからの新しい除菌技術です。

私たちは、人と会って、話して、働いて、くつろいで、暮らすだけ。
紫外線がそのあいだ、その空間で、ウイルス・菌を除去してくれます。

この光のなかで、ウシオはこれから、感染症のない新しい世界をつくっていきます。

Care222®とは?

Care222®は、
人がいる場所で使える
紫外線除菌の技術。

Care222®は、人がいる場所で使える、新しい紫外線除菌の技術です。有害な波長を出すことなく、人と社会のこれからをケアしていきます。

Care222®のメリット

紫外線が持つ
高い除菌力を、
ふだんの暮らしのなかへ。

Care222®には、紫外線だからこその高い除菌力があります。ほかの除菌手段にはない除菌力で、人が安心して暮らせる社会をめざします。

導入実績

人が集まる
さまざまな場所で、
使われています。

人が集まる場所やたくさんの人が触れるところなど、すでにさまざまな場面でCare222®の技術は使われはじめています。

開発ヒストリー

さまざまな
困難を乗り越えて、
あなたがいるその場所に。

Care222®の技術開発は、決して簡単なものではありませんでした。さまざまな困難を乗り越えて、ようやくあなたがいるその場所に、お届けできるようになりました。

実験データ

Care222®の技術と効果の裏づけをより確かなものにするために、実使用を想定したさまざまな実証実験を行っています。

よくあるご質問

Q:
Care222®の紫外線(波長222nm)は太陽光と何が違うのですか?
A:
波長222nmの紫外線は、太陽光には含まれるものですが、大気層(オゾンなど)で吸収されるため地上に届かないUV-C(100~280nm)に分類されます。UV-Cは地上に届くUV-AやUV-Bと比べて、除菌力が優れています。
Q:
新型コロナウイルスには効果がありますか?
A:
広島大学研究グループが、プラスチック上の乾燥した環境において、照度0.1mW/cm2の222nm紫外線を10秒間照射で88.5%、30秒間照射で99.7%の新型コロナウイルス不活化を確認しました
Q:
他の除菌方法と比べて、どんなところが優れていますか?
A:
波長222nmの紫外線は、ウイルスや細菌のもつDNA/RNA構造に直接働きかける非加熱・非接触・ノンケミカルな除菌方法です。その除菌メカニズムにより、耐性菌を生みません。