Care222®とは?

Care222®は、
人がいる場所で使える
紫外線除菌の技術。

Care222®は、人がいる空間で使える、新しい紫外線除菌の技術です。波長222nmの紫外線を使って、人と社会をやさしくケアしていきたいという想いを込めて、Care222®と名付けられました。

Care222®の紫外線は、皮膚や眼の奥に入らない紫外線です。

Care222®は、角質や角膜の表面より奥へは入らないため、日焼けや皮膚ガン、白内障といった障害を引き起こしません。

皮膚への影響

[従来の紫外線]

皮膚の内部にまで侵入してしまい、生きた細胞を傷つける。

[Care222®

角質表面で吸収されるため、皮膚の奥へは入らない。

目への影響

[従来の紫外線]

角膜の細胞を数層通過。

[Care222®

角膜表面で吸収される。

波長222nmの紫外線は、生体透過率のきわめて低い紫外線です。

紫外線が人体に影響を及ぼすのは、角質層より奥に侵入するからと言われています。従来の紫外線(波長254nm)は生体透過率が高く角質層より奥に侵入しますが、波長222nmの紫外線は生体透過率が低く、角質層内で吸収されるので、人体に影響を及ぼしません。

Care222®は、ウシオ独自の技術で、有害な波長を出しません。

Care222®は、人体に影響のない波長222nmの紫外線を照射できる、エキシマランプを採用しています。さらに、独自の光学フィルターで、わずかに残った有害な波長もカット。人体に影響のない紫外線だけを当てるので、人がふつうに生活している場所でも紫外線除菌ができます。

まず、人体に影響を及ぼさない波長222nmを
ピークに照射。

さらに、独自の光学フィルターでわずかに残った
有害な波長もカット。

Care222®は、ウシオ電機とコロンビア大学の、
共同開発により生まれた新しい紫外線技術です。

2013年、コロンビア大学のデイビッド・ブレナー教授は、エキシマランプと光学フィルターを組み合わせて、紫外線の有害な波⻑をカットしウイルス・細菌の不活化効果のみを活用することに成功しました。ウシオ電機は、コロンビア大学とこの技術についての独占ライセンス契約を結んでいます。

※Buonanno, M. et al. 207-nm UV Light - A promising tool for safe low-cost reduction of surgical site infections . I : In Vitro Studies. PLoS One 8(10), e76968 (2013).

詳細はこちら